ハワイで使うワイファイのレンタルはアロハデータが格安だった!

ハワイで最も使えるWiFi「アロハデータ」に関するブログです

繋がるWiFiの危険!ホノルルでは道路横断中のスマホで罰金も

ハワイの交差点

 

ハワイのレンタルWiFiとしてアロハデータの魅力をたっぷり伝えようとしているこのブログですが、今回は注意点を1つ紹介します。

 

2017年10月25日から、ホノルルでは道路を横断中の歩きスマホが禁止になりました。

アロハデータ等のレンタルWiFiを持っていれば、ほぼどこでもネットに繋がるので、ついつい歩きながら検索をしてしまいがちですが、道路を横断中にこれをやってしまうと条例違反となり罰金が科せられます。
※緊急電話(911)は除く

スマホだけではなく、タブレットやデジカメ、電子ゲームの使用も禁止なので、大人だけではなく子どもも注意しないといけません。

 

これは、スマホやデジカメ等の携帯電子機器に集中した歩行者がフラフラと道路に出ていき、交通事故を引き起こしている現状を無くしたいという条例です。

スマホの画面に夢中になり、フラフラと横断歩道に出ていく様子を見て、「スマホゾンビ」なんて呼ばれたりもしています。

 

歩きスマホを警官が発見した場合、初回は最大で35ドルの罰金、1年以内に違反を繰り返すと2回目で35~75ドル、3回目は75~99ドルの罰金となります。

下手をすると1回のハワイ旅行で3回罰金を払うこともあり得ますね。

そもそも歩きスマホが危険なのに、道路を横断中に使うのは極めて危険なので肝に銘じておきましょう。

 

かく言う私自身、思い返すと結構やっていました。

アロハデータをバッグに入れ、目的の店まで歩きながらナビを使っている時。「この横断歩道をこちら向きに渡ればいいのかな」と思いながらスマホの画面を見ているんですね。

あと、車が写真に映りこまないように、青信号の交差点の途中でパシャッとカメラを使ったり。

 

次回のハワイ旅行は、この条例がスタートしている後なので注意しなければいけませんね。

「絶対そんなことするはずがない!」と自信満々な方でも、ハワイに行くと気分が変わります。くれぐれもご注意下さい。

 

もちろんドライブ中にスマホを操作するのも禁止です。カーナビ代わりに使う場合は、車載ホルダーを準備しておくと便利ですよ。