読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイで使うワイファイのレンタルはアロハデータが格安だった!

ハワイで最も使えるWiFi「アロハデータ」に関するブログです

アロハデータとイモトのWiFiの違いが1ページで分かる!6項目で比較しました

f:id:ryousukex:20161225235405j:plain

ハワイに持って行くWiFiルーターをレンタルできる会社って多いですよね。
選べるのはいいことだと思うのですが、多いと比較するのが大変。
結局、自分に合うWiFiルーターを決めることができなくなっている方も多いのではないでしょうか?

 

「比べるものがあり過ぎて、どれががいいか分からない!」
「1つに決めるまで比較する作業がメンドクサイ」

もし、そう感じているなら、このページがあなたのWiFiを決める手助けになると思います。

 

アロハデータにするかイモトのWiFiにするかで迷っている方に効き目バッチリのページです!

 

私は1つの会社に決めるために、各社の価格やポイントを書きだしました。
それくらいしないと1つに決められなかったのです。
そしてようやくアロハデータに決めることができたのです。

 

とは言っても、あなたにもアロハデータがピッタリとは限りません。
他社のWiFiルーターやプランにもメリットとデメリットがあるからです。
今回比較したイモトのWiFiも人気があって、ハワイ旅行でレンタルされている定番商品の1つです。

 

そこで、アロハデータとイモトのWiFiを比較した時に、私が実際に書き出した価格や特徴、ポイントをまとめ直しました。

このページを確認すれば、レンタルWiFiを決めるまでの時間を短縮できるはず!

どちらがあなたのハワイ旅行のスタイルに合っているかを決める手助けになれば幸いです。

なお、このページで出てくる価格は2016年12月26日現在のものです。

 

まず先に、2社を比較してみて項目別にどちらが優勢かを紹介しますね。
この後の比較の詳細がすんなりと頭に入ると思います。

この結果の根拠をこのあと説明していきます。

 

今回比較したレンタルWiFiはこちらです。

アロハデータ

f:id:ryousukex:20161225211337p:plain

 

イモトのWiFi

f:id:ryousukex:20161231014420g:plain

 

【比較項目1】

価格で2社を比較!

f:id:ryousukex:20161226002500j:plain

2社ともそれぞれ複数のプランがあります。
どちらの企業が安いかを見極めるため、まずは同じ条件のもとで比較しました。

価格は1日の通信料金(WiFiルーターのレンタル代と考えればOK)です。

 

比較対象のプランはこちら

レンタル価格は、1日にデータ通信できる量によって異なります。
両社を人気の500MBのプランで比較しました。

2社とも通信速度の速い4GLTEタイプを選んでいます。

  • アロハデータ
    980円(アロハデータベーシック)
    1,130円(スーパーアロハ)
  • イモトのWiFi
    980円(500MB大容量プラン)

アロハデータの価格が2種類あるのは、連続通信時間(バッテリーの量)も選べるからです。
連続通信時間については後で紹介します。

 

500MBプランで比較すると、2社のどちらを選んでも1日のレンタル料は同じですが、イモトのWiFiは他に「受取手数料」が必要になります。金額は500円(+税)です。

この手数料分イモトのWiFiが高くなります。

 

価格比較でもう1つ見ておきたいのが、安心補償の1日分の費用です。
破損や紛失、盗難に遭った時に、弁償費用を免除してもらうものです。

  • アロハデータの安心補償は1日200円で弁償代金を100%免除。※1
  • イモトのWiFiは1日200円タイプで弁償代金を80%免除、1日300円タイプで弁償代金を100%免除できます。

※1「補償対象内」での免除できる金額です。
補償対象については各社でご確認下さい。
イモトのWiFiは消費税が加算されます。

 

アロハデータはカーチャージャー、イモトのWiFiエネループ・エネハイパー・電源プラグが安心補償対象外になります。

 

仮にイモトのWiFiの安心補償を80%免除のタイプにしたとしても、合計金額はアロハデータの方が安く済みます。

 

感想:価格はアロハデータがお得!

 

【比較項目2】

1日にデータ通信できる容量で2社を比較!

f:id:ryousukex:20161226002946j:plain

レンタルWiFiを選ぶ際に外せないのが「1日にデータ通信できる容量」です。
価格の項目では500MB同士で比較しましたが、他にどのような選択肢があるのか紹介します。

  • アロハデータ
    500MB(1日980円と1130円の2プランあり)
    700MB(1日880円)
  • イモトのWiFi
    3Gプラン3日間で400MB(1日880円)※1日500MBキャンペーン中
    500MB(1日980円)
    1GB(1日1,580円)

※イモトのWiFiは3Gプランがあります。通常は3日間で400MBまでですが、キャンペーン中は1日500MBまで使えます。ただ、快適な通信をしたいなら4G-LTEを選ぶ方がいいです。

 

まずは1日で欲しい通信量を決めるところから始めると、どの企業のレンタルWiFiを申し込みするかが決めやすくなります。

イモトのWiFiは超大容量の1GB(約1000MB)のプランがあるのが強みです。アロハデータは700MBのプランがかなり安くてお得です。超大容量が必要ならイモト、700MBくらいでもよくて、価格も重視するならアロハです。

 

感想:使用容量の選択肢は引き分け

 

【比較項目3】

2社のサポートを比較!

f:id:ryousukex:20161226003141j:plain

特に初めてWiFiルーターをレンタルする人は、サポート体制が気になると思います。
アロハデータとイモトのWiFiのサポート体制を比較しました。

  • アロハデータ
    営業時間内での対応
  • イモトのWiFi
    24時間365日

2社で大きく違うのはサポート時間です。

サポートは、「WiFiルーターの設定うまくできない」とか「初期設定はできたのに、動作がおかしい」など、マニュアルだけでは解決できない疑問が出た時に利用します。

使う機会はあまりないですが、いつでも利用できる方がいいですね。

 

アロハデータはサポート内容についてほとんど紹介していません。
レンタルした時についていたマニュアルにはメールアドレスが載っていましたが、時間は書いてなかったです。

営業時間内での対応になるかと思います。 ワイキキに現地デスクがあるのは便利ですが、オアフ島以外の滞在では関係ないですね。

 

イモトのWiFiは、常にサポートデスクが稼働している状態なので、深夜でも連絡ができるのはメリットですね。
※混み具合によって、返答までに時間がかかることがあります。

サポートに電話したい場合、レンタル時に案内される電話番号を利用すれば、国際電話でもフリーダイヤルに繋がるそうです。固定電話じゃないといけないそうなので、ホテルの電話を使いましょう。メールで問い合わせすることもできます。

 

感想:サポート体制はイモトのWiFiが安心

 

【比較項目4】

2社の連続通信時間を比較!

f:id:ryousukex:20161226003409j:plain

アロハデータをレンタルする場合と、イモトのWiFiをレンタルする場合の大きな違いを紹介します。 連続通信時間が選べるか です。

連続通信時間というのは、1日の通信可能時間とは違い、WiFiルーターをフル充電した状態でバッテリーがどれくらいの時間もつかということです。

  • アロハデータ
    アロハデータベーシック・・10時間
    スーパーアロハ・・15時間
    アロハデータBIG・・8時間
  • イモトのWiFi
    機種が選べないため不明

イモトのWiFiでは目安として、連続通信時間が4時間、5時間、20時間の機種を扱っています。しかし、どれが届くかは申し込み時は不明。その時の在庫次第になるようです。

連続通信時間によって予備のバッテリーが必要かどうかが決まるので、申し込み時に知っておきたい情報だと思います。いずれは選べるようになるとは思うのですが。

 

感想:連続通信時間で選ぶならアロハデータ

 

【比較項目5】

2社の受取りと返却の仕方を比較

f:id:ryousukex:20161226003606j:plain

見落としがちなところを比較しておきましょう。レンタルWiFiの受取りや返却方法についてです。

受取り方法を比較

  • アロハデータ
    宅急便は無料で出発の2日前着が目安
    直接受け取りができる空港は3つ
  • イモトのWiFi
    宅急便は無料で出発の前日着
    直接受け取りができる空港は5つ

宅急便で受け取る場合は、2社とも無料です。アロハデータは2日前着が目安なので少しゆとりがあります。

実際に私も出発の2日前に到着しました。

宅急便ではなく空港で直接受け取りたい場合は、イモトのWiFiなら5つの空港が利用できます。

成田・羽田・中部国際(セントレア)・関空福岡空港です。

 

返却方法を比較

  • アロハデータ
    同梱のレターパックで郵送(無料)
  • イモトのWiFi
    宅急便で返却する場合は元払い代金が必要
    空港のカウンターでの返却は無料。返却できる空港は5つ

アロハデータは空港で返却することはできません。帰国後の翌日までの消印になるようにポストに投函します。つまり全員が平等に無料で返却できます。

イモトのWiFiは返却できる空港は5つ。ただ、空港返却ができない人は、宅急便の送料を負担しないといけません。

成田・羽田・中部国際(セントレア)・関空福岡空港以外を利用するなら、アロハデータにした方がいいでしょう。

 

感想:受取りと返却は引き分け

 

【比較項目6】

2社のオプションを比較!

f:id:ryousukex:20161226003900j:plain

最後にオプションでレンタルできるものを比較します。

  • アロハデータ
    カーチャージャー/無料
    バッテリー/1日100円(約5時間分)
  • イモトのWiFi
    カーチャージャー/1日100円(+税)
    バッテリー/1日200円(+税)
    セルカレンズ/1日100円(+税)

アロハデータはオプションの種類は少ないですが、カーチャージャーを無料でレンタルできます。レンタカーを使う人には最高のサービスです。
さらに、オプションのレンタル代にも消費税がかかりません。

イモトのWiFiはセルカレンズもレンタルできるのが特徴です。
ただしアロハデータと違い、オプションには別途消費税が必要です。

バイルバッテリーやカーチャージャーのレンタルを予定しているなら、アロハデータがかなりお得です。

 

イモトのWiFiの特徴はセルカレンズです。
買う場合は価格は様々ですが、私は1700円くらいで買いました。
ハワイ以外で使わないならレンタルするのも1つの方法です。

 

オプション以外の費用がどれくらいかかるかでアロハにするかイモトにするか別れます。

例えば、 6日間のレンタルで試算すると、

  • アロハデータ(ベーシック)
    (980円+安心補償200円+バッテリー100円+カーチャージャー0円)×6日間=7,680円
  • イモトのWiFi(4GLTE、補償100%タイプ)
    (980円+安心補償324円+バッテリー216円+108円)×6日間=9,768円

この差が2088円なので、セルカレンズを買ってもアロハデータの方が安くなりますね。

 

感想:価格で選ぶならアロハデータ

 

重点項目は何?で決めましょう

ここまでまとめてきた内容を前提に、アロハデータとイモトのWiFiのどちらを選べばいいかを分けて考えました。

アロハデータを選んだ方がいい人
  • レンタル費用を安く済ませたい
  • 予め連続通信時間を知りたい
  • 受取りや返却に時間の余裕が欲しい

 

グローバルWiFiを選んだ方がいい人
  • 365日24時間のサポートをつけたい
  • 空港での受取りと返却を希望
  • 通信容量は1GBを選びたい

さらに絞り込むと、価格ならアロハデータ、サポートならイモトのWiFiになります。最後はあなたにとって大事な重点ポイントで決定して下さい。

 

アロハデータとイモトのWiFiポイント項目別比較のまとめ

これまでの項目別比較で感じた私の感想を再度ご紹介します。

  • 価格で選ぶ:アロハデータ
  • 通信容量の品揃え:引き分け
  • サポート:イモトのWiFi
  • 連続通信時間での選択:アロハデータ
  • 受取りと返却方法:引き分け
  • オプション:アロハデータ

以上です。

6日間くらいの滞在を想定して比較しています。

イモトのWiFiはキャンペーンをよく実施しているので、その時に応じてレンタル費用は異なります。

今までの私の感覚だと、アロハデータはキャンペーンは少ないですが、そもそもが安いというイメージを持っています。

 

私がアロハデータに決めた理由も紹介しますと、最重要項目は価格でした。

さらにアロハデータの公式ページをご覧になれば感じると思いますが、1ページで必要最低限のことがまとめられているので「見やすく解りやすかった」のです。

これもアロハデータを選んだ理由の1つです。
感じ方は人それぞれなので比較対象には入れませんでした。

 

あなたのハワイ旅行のスタイルに合っているのはどちらでしたでしょうか?

最高に楽しいハワイ旅行になりますように。

 

今回比較したレンタルWiFiはこちらです。