ハワイで使うワイファイのレンタルはアロハデータが格安だった!

ハワイで最も使えるWiFi「アロハデータ」に関するブログです

アロハデータの現地デスク(ワイキキ)に行ってきました

f:id:ryousukex:20161125094703j:plain

 

  • せっかくWiFiのレンタルをしたのに、ハワイでちゃんと作動しない
  • アロハデータの使い方が説明書を見てもわからない
  • アロハデータが故障?どうしたらいい?

 

WiFiは機械なので故障することも想定しておかなくてはいけません。各レンタル会社も細心の注意はしていると思いますが、中には整備不良のものや、配送時に故障する場合もあります。

 

そんな時に役立つのが現地デスク。使い方が分からない、故障かどうかさえ分からない、そんな時にひとまず駆け込めるのが現地デスクです。

 

私がハワイ旅行用でWiFiをレンタルしたアロハデータには、ワイキキに現地デスクがあります。WiFiルーターにトラブルは無かったですが、どんな所か見たかったので行ってみました。

 

<<アロハデータ現地デスクへ>>

アロハデータの現地デスクの場所は、公式サイトを見ると「カラカウア通り沿いワイキキギャラリアタワ―6階601号室」となっています。

ここはワイキキで1度は行くであろうTギャラリアbyDFSのことです。ワイキキに宿泊しているなら簡単に行けます。

 

TギャラリアbyDFSはこちらです。

 

カラカウア通りに面した入り口(Diorとラルフローレンの間)から建物内に入ります。

f:id:ryousukex:20161125095140j:plain

左手にエレベーターホールがあるのでここから上に上がります。

 

f:id:ryousukex:20161125103151j:plain

 

6階でエレベータを降りると、左手すぐにオフィスがあります。

f:id:ryousukex:20161125103212j:plain

 

中に入ってみましょう。

f:id:ryousukex:20161125103236j:plain

 他にもお客さんがいました。

ハワイ旅行専門店のファーストワイズのオフィスもここにあります。

 

アロハデータの店員さんは日本語を話せるので、気軽に質問できました。担当してくれた人は日本人だと思います。もしくは日本語が上手すぎる日系人。


迷った時は調べるより現地デスクへ

アロハデータには簡単な説明書が付いていますし、その説明書だけでハワイ滞在中に困ったことはありませんでした。でも、実際に使っていると「これで大丈夫かなぁ」と迷う時があるかもしれません。

 

そんな時に現地デスクにWiFiルーターを行けば直接質問できるので、国際電話を使う必要もありません。

 

何も質問することがないのも「アレ」なので、

 

私:「ソフトバンクからスマホに頻繁に通信業者切り替えのメールが来るんですけど」

※アロハデータはオアフ島で「T-mobile」と「AT&T」というアメリカの通信業者を利用しています(スーパーアロハデータをレンタルした場合)。
場所によって通信業者が切り替わるので、その度にソフトバンクから通知が来ていたのです。

 

担当者:「電話機能を利用しないなら、機内モードにしておけばメールの通知が来なくなりますよ。」

 

それっきりソフトバンクからの通知は来なくなりました。ついでに、このブログ用に書くネタとして質問をしてみました。

 

私:「ちなみにこちらのオフィスには予備機もあるんですか?」

 

担当者:「ありますよ、レンタルもできます。」

 

私:「レストランの予約もしてくれるんですか?」

 

担当者:「こちらで直接予約することはしていませんが、ネットを使った予約方法をお伝えしています。」

 

これ以外にも、「ワイキキでおすすめのレストランを知りたい」とか現地情報を聞きに行くのもアリみたいです。

 

アロハデータをレンタルしている人に限りますが、困ったことがあった時に、日本語で質問できる場所があるのは安心できるし、便利だなぁと感じましたよ。

 

アロハデータまとめ記事はこちら

ハワイで使うワイファイをレンタルするならアロハデータが格安! - ハワイで使うワイファイのレンタルはアロハデータが格安だった!