ハワイで使うワイファイのレンタルはアロハデータが格安だった!

ハワイで最も使えるWiFi「アロハデータ」に関するブログです

アロハデータとイモトのWiFiの違いが1ページで分かる!6項目で比較しました

f:id:ryousukex:20161225235405j:plain

ハワイに持って行くWiFiルーターをレンタルできる会社って多いですよね。
選べるのはいいことだと思うのですが、多いと比較するのが大変。
結局、自分に合うWiFiルーターを決めることができなくなっている方も多いのではないでしょうか?

 

「比べるものがあり過ぎて、どれががいいか分からない!」
「1つに決めるまで比較する作業がメンドクサイ」

もし、そう感じているなら、このページがあなたのWiFiを決める手助けになると思います。

 

アロハデータにするかイモトのWiFiにするかで迷っている方に効き目バッチリのページです!

 

私は1つの会社に決めるために、各社の価格やポイントを書きだしました。
それくらいしないと1つに決められなかったのです。
そしてようやくアロハデータに決めることができたのです。

 

とは言っても、あなたにもアロハデータがピッタリとは限りません。
他社のWiFiルーターやプランにもメリットとデメリットがあるからです。
今回比較したイモトのWiFiも人気があって、ハワイ旅行でレンタルされている定番商品の1つです。

 

そこで、アロハデータとイモトのWiFiを比較した時に、私が実際に書き出した価格や特徴、ポイントをまとめ直しました。

このページを確認すれば、レンタルWiFiを決めるまでの時間を短縮できるはず!

どちらがあなたのハワイ旅行のスタイルに合っているかを決める手助けになれば幸いです。

なお、このページで出てくる価格は2016年12月26日現在のものです。

 

まず先に、2社を比較してみて項目別にどちらが優勢かを紹介しますね。
この後の比較の詳細がすんなりと頭に入ると思います。

この結果の根拠をこのあと説明していきます。

 

今回比較したレンタルWiFiはこちらです。

アロハデータ

f:id:ryousukex:20170427220819p:plain

 

イモトのWiFi

f:id:ryousukex:20161231014420g:plain

 

【比較項目1】

価格で2社を比較!

f:id:ryousukex:20161226002500j:plain

2社ともそれぞれ複数のプランがあります。
どちらの企業が安いかを見極めるため、まずは同じ条件のもとで比較しました。

価格は1日の通信料金(WiFiルーターのレンタル代と考えればOK)です。

 

比較対象のプランはこちら

レンタル価格は、1日にデータ通信できる量によって異なります。
両社を人気の500MBのプランで比較しました。

2社とも通信速度の速い4GLTEタイプを選んでいます。

  • アロハデータ
    980円(アロハデータベーシック)
    1,130円(スーパーアロハ)
  • イモトのWiFi
    980円(500MB大容量プラン)

アロハデータの価格が2種類あるのは、連続通信時間(バッテリーの量)も選べるからです。
連続通信時間については後で紹介します。

 

500MBプランで比較すると、2社のどちらを選んでも1日のレンタル料は同じですが、イモトのWiFiは他に「受取手数料」が必要になります。金額は500円(+税)です。

この手数料分イモトのWiFiが高くなります。

 

価格比較でもう1つ見ておきたいのが、安心補償の1日分の費用です。
破損や紛失、盗難に遭った時に、弁償費用を免除してもらうものです。

  • アロハデータの安心補償は1日200円で弁償代金を100%免除。※1
  • イモトのWiFiは1日200円タイプで弁償代金を80%免除、1日300円タイプで弁償代金を100%免除できます。

※1「補償対象内」での免除できる金額です。
補償対象については各社でご確認下さい。
イモトのWiFiは消費税が加算されます。

 

アロハデータはカーチャージャー、イモトのWiFiはエネループ・エネハイパー・電源プラグが安心補償対象外になります。

 

仮にイモトのWiFiの安心補償を80%免除のタイプにしたとしても、合計金額はアロハデータの方が安く済みます。

 

感想:価格はアロハデータがお得!

 

【比較項目2】

1日にデータ通信できる容量で2社を比較!

f:id:ryousukex:20161226002946j:plain

レンタルWiFiを選ぶ際に外せないのが「1日にデータ通信できる容量」です。
価格の項目では500MB同士で比較しましたが、他にどのような選択肢があるのか紹介します。

  • アロハデータ
    500MB(1日980円と1130円の2プランあり)
    700MB(1日880円)
  • イモトのWiFi
    3Gプラン3日間で400MB(1日880円)※1日500MBキャンペーン中
    500MB(1日980円)
    1GB(1日1,580円)

※イモトのWiFiは3Gプランがあります。通常は3日間で400MBまでですが、キャンペーン中は1日500MBまで使えます。ただ、快適な通信をしたいなら4G-LTEを選ぶ方がいいです。

 

まずは1日で欲しい通信量を決めるところから始めると、どの企業のレンタルWiFiを申し込みするかが決めやすくなります。

イモトのWiFiは超大容量の1GB(約1000MB)のプランがあるのが強みです。アロハデータは700MBのプランがかなり安くてお得です。超大容量が必要ならイモト、700MBくらいでもよくて、価格も重視するならアロハです。

 

感想:使用容量の選択肢は引き分け

 

【比較項目3】

2社のサポートを比較!

f:id:ryousukex:20161226003141j:plain

特に初めてWiFiルーターをレンタルする人は、サポート体制が気になると思います。
アロハデータとイモトのWiFiのサポート体制を比較しました。

  • アロハデータ
    営業時間内での対応
  • イモトのWiFi
    24時間365日

2社で大きく違うのはサポート時間です。

サポートは、「WiFiルーターの設定うまくできない」とか「初期設定はできたのに、動作がおかしい」など、マニュアルだけでは解決できない疑問が出た時に利用します。

使う機会はあまりないですが、いつでも利用できる方がいいですね。

 

アロハデータはサポート内容についてほとんど紹介していません。
レンタルした時についていたマニュアルにはメールアドレスが載っていましたが、時間は書いてなかったです。

営業時間内での対応になるかと思います。 ワイキキに現地デスクがあるのは便利ですが、オアフ島以外の滞在では関係ないですね。

 

イモトのWiFiは、常にサポートデスクが稼働している状態なので、深夜でも連絡ができるのはメリットですね。
※混み具合によって、返答までに時間がかかることがあります。

サポートに電話したい場合、レンタル時に案内される電話番号を利用すれば、国際電話でもフリーダイヤルに繋がるそうです。固定電話じゃないといけないそうなので、ホテルの電話を使いましょう。メールで問い合わせすることもできます。

 

感想:サポート体制はイモトのWiFiが安心

 

【比較項目4】

2社の連続通信時間を比較!

f:id:ryousukex:20161226003409j:plain

アロハデータをレンタルする場合と、イモトのWiFiをレンタルする場合の大きな違いを紹介します。 連続通信時間が選べるか です。

連続通信時間というのは、1日の通信可能時間とは違い、WiFiルーターをフル充電した状態でバッテリーがどれくらいの時間もつかということです。

  • アロハデータ
    アロハデータベーシック・・10時間
    スーパーアロハ・・15時間
    アロハデータBIG・・8時間
  • イモトのWiFi
    機種が選べないため不明

イモトのWiFiでは目安として、連続通信時間が4時間、5時間、20時間の機種を扱っています。しかし、どれが届くかは申し込み時は不明。その時の在庫次第になるようです。

連続通信時間によって予備のバッテリーが必要かどうかが決まるので、申し込み時に知っておきたい情報だと思います。いずれは選べるようになるとは思うのですが。

 

感想:連続通信時間で選ぶならアロハデータ

 

【比較項目5】

2社の受取りと返却の仕方を比較

f:id:ryousukex:20161226003606j:plain

見落としがちなところを比較しておきましょう。レンタルWiFiの受取りや返却方法についてです。

受取り方法を比較

  • アロハデータ
    宅急便は無料で出発の2日前着が目安
    直接受け取りができる空港は3つ
  • イモトのWiFi
    宅急便は無料で出発の前日着
    直接受け取りができる空港は5つ

宅急便で受け取る場合は、2社とも無料です。アロハデータは2日前着が目安なので少しゆとりがあります。

実際に私も出発の2日前に到着しました。

宅急便ではなく空港で直接受け取りたい場合は、イモトのWiFiなら5つの空港が利用できます。

成田・羽田・中部国際(セントレア)・関空・福岡空港です。

 

返却方法を比較

  • アロハデータ
    同梱のレターパックで郵送(無料)
  • イモトのWiFi
    宅急便で返却する場合は元払い代金が必要
    空港のカウンターでの返却は無料。返却できる空港は5つ

アロハデータは空港で返却することはできません。帰国後の翌日までの消印になるようにポストに投函します。つまり全員が平等に無料で返却できます。

イモトのWiFiは返却できる空港は5つ。ただ、空港返却ができない人は、宅急便の送料を負担しないといけません。

成田・羽田・中部国際(セントレア)・関空・福岡空港以外を利用するなら、アロハデータにした方がいいでしょう。

 

感想:受取りと返却は引き分け

 

【比較項目6】

2社のオプションを比較!

f:id:ryousukex:20161226003900j:plain

最後にオプションでレンタルできるものを比較します。

  • アロハデータ
    カーチャージャー/無料
    バッテリー/1日100円(約5時間分)
  • イモトのWiFi
    カーチャージャー/1日100円(+税)
    バッテリー/1日200円(+税)
    セルカレンズ/1日100円(+税)

アロハデータはオプションの種類は少ないですが、カーチャージャーを無料でレンタルできます。レンタカーを使う人には最高のサービスです。
さらに、オプションのレンタル代にも消費税がかかりません。

イモトのWiFiはセルカレンズもレンタルできるのが特徴です。
ただしアロハデータと違い、オプションには別途消費税が必要です。

モバイルバッテリーやカーチャージャーのレンタルを予定しているなら、アロハデータがかなりお得です。

 

イモトのWiFiの特徴はセルカレンズです。
買う場合は価格は様々ですが、私は1700円くらいで買いました。
ハワイ以外で使わないならレンタルするのも1つの方法です。

 

オプション以外の費用がどれくらいかかるかでアロハにするかイモトにするか別れます。

例えば、 6日間のレンタルで試算すると、

  • アロハデータ(ベーシック)
    (980円+安心補償200円+バッテリー100円+カーチャージャー0円)×6日間=7,680円
  • イモトのWiFi(4GLTE、補償100%タイプ)
    (980円+安心補償324円+バッテリー216円+108円)×6日間=9,768円

この差が2088円なので、セルカレンズを買ってもアロハデータの方が安くなりますね。

 

感想:価格で選ぶならアロハデータ

 

重点項目は何?で決めましょう

ここまでまとめてきた内容を前提に、アロハデータとイモトのWiFiのどちらを選べばいいかを分けて考えました。

アロハデータを選んだ方がいい人
  • レンタル費用を安く済ませたい
  • 予め連続通信時間を知りたい
  • 受取りや返却に時間の余裕が欲しい

 

グローバルWiFiを選んだ方がいい人
  • 365日24時間のサポートをつけたい
  • 空港での受取りと返却を希望
  • 通信容量は1GBを選びたい

さらに絞り込むと、価格ならアロハデータ、サポートならイモトのWiFiになります。最後はあなたにとって大事な重点ポイントで決定して下さい。

 

アロハデータとイモトのWiFiポイント項目別比較のまとめ

これまでの項目別比較で感じた私の感想を再度ご紹介します。

  • 価格で選ぶ:アロハデータ
  • 通信容量の品揃え:引き分け
  • サポート:イモトのWiFi
  • 連続通信時間での選択:アロハデータ
  • 受取りと返却方法:引き分け
  • オプション:アロハデータ

以上です。

6日間くらいの滞在を想定して比較しています。

イモトのWiFiはキャンペーンをよく実施しているので、その時に応じてレンタル費用は異なります。

今までの私の感覚だと、アロハデータはキャンペーンは少ないですが、そもそもが安いというイメージを持っています。

 

私がアロハデータに決めた理由も紹介しますと、最重要項目は価格でした。

さらにアロハデータの公式ページをご覧になれば感じると思いますが、1ページで必要最低限のことがまとめられているので「見やすく解りやすかった」のです。

これもアロハデータを選んだ理由の1つです。
感じ方は人それぞれなので比較対象には入れませんでした。

 

あなたのハワイ旅行のスタイルに合っているのはどちらでしたでしょうか?

最高に楽しいハワイ旅行になりますように。

 

今回比較したレンタルWiFiはこちらです。

 

 

 

ハワイ用レンタルWiFi「イモトのWiFi」の価格とポイントまとめ

f:id:ryousukex:20161227002433p:plain

ハワイに持って行くレンタルWiFiで、圧倒的な知名度を誇るイモトのWiFi

好感が持てるキャラクターの起用が大当たりしました。

ただ、イモトのWiFiの公式ホームページを見たことがある人なら気づいたと思いますが、情報量が非常に多く、肝心のポイントを把握できなかった方も多いのではないでしょうか?

 

実は私もその1人です。

 

そこで、私がハワイ旅行前にイモトのWiFiについて調べた内容をまとめ直して公開します。

私の場合は、実際にポイントを紙に書きだしてから1社に決めました。
とても面倒な作業だったので、もう2度としたくありません。

今回は、調べた内容を振り返ってイモトのWiFiの価格やポイントを紹介しますので、このページを活用してあなたの時間を節約することができれば幸いです。

 

 

イモトのWiFiプラン

イモトのWiFiがハワイ用に用意しているプランは3つあります。

  • 3G
    1日の通信可能データ量500MB
  • 4G-LTE-大容量
    1日の通信可能データ量500MB
  • 4G-LTE-ギガ
    1日の通信可能データ量1GB(約1000MB)

※1日の通信可能データ量をオーバーして通信を行った場合、ネット環境が著しく低下します。その場合は使い続けるのをやめて、翌日再開するようにして下さい。

 

3Gプランも用意されていますが、ハワイでネット通信するなら4G-LTEプランを利用するのがおすすめです。快適度が違います。

 


プラン別の価格

それぞれのプランの1日の定額料金はこちらです。

  • 3G・・880円
  • 4G-LTE-大容量・・980円
  • 4G-LTE-ギガ・・1,570円

※価格は2016年12月26日時点のもので、キャンペーンの終了により価格が変更になる場合があります。

 

上記の金額が基本価格になります。
安心補償やオプションをプラスするとその分がプラスになります。


受取手数料として税込540円が別途加算されること、レンタルしたWiFiルーター返却を宅急便で行う場合は、元払いの費用も必要になることに注意して下さい。

 


受取りと返却の方法

イモトのWiFiを受取る方法と返却の方法を紹介します。


受取り方法は、前日着の宅急便か空港で受取りとなります。
どちらも無料なので、あまり問題になることはないでしょう。

一方、返却はプラン別の価格で紹介しました通り、宅急便を使うと元払い費用が発生するので注意が必要です。

もし、お使いの空港が利用可能な空港以外だった場合は、別のレンタル会社を利用した方がお得になることもあるということを覚えておいていただくといいですね。

受取り可能な空港

 

返却可能な空港

成田空港(4カ所)、羽田空港(3カ所)、中部国際空港セントレア(2ヵ所)、関西国際空港福岡空港

 

しつこいですが返却できる空港が盲点です。

上記以外の空港を利用される場合、返却は宅急便を利用することになり、元払いで送料が別途必要になります。

他社と価格比較する際は、あなたが利用する空港で返却できるか確認して下さい。

 

返却できる空港がなく、他のレンタルWiFiを探すなら、空港が多いグローバルWiFi、無料のレターパックで返却できるアロハデータがおすすめです。

 


安心補償のタイプ

安心補償は、万が一の破損・紛失・盗難時の弁償額を全て又は一部を免除できる制度です。

イモトのWiFiの安心補償は、あんしんパックとあんしんパックフルの2種類があり、その内容は下記の通りとなります。

  • あんしんパック・・1日200円(+税)
    弁償額の80%を免除
  • フル・・1日300円(+税)
    弁償額を100%免除

海外旅行保険で補償できることもあります。
補償できるかどうかはご加入の保険会社でご確認下さい。

海外旅行保険でカバーできない場合は、もしもに備えてどちらかに加入しておくことをおすすめします。

エネループ、エネハイパー、電源プラグは補償対象外です。
詳しくは公式ページもご確認下さい。

 


オプションの種類

イモトのWiFiで用意されているオプションを紹介します。全て税抜表示です。別途消費税が加算されます。

  • カーチャージャー(車内用充電器、1日100円)
  • バイルバッテリー(1日200円)
  • セルカレンズ(1日100円)

 

バイルバッテリーが必要かどうかですが、イモトのWiFiは貸出機種が事前に分かりません。
そして用意されている機種によって連続通信時間が異なります。

4~5時間程度のものもあれば、20時間くらいもつのもあります。

必要な時に充電切れなんてことがないように、モバイルバッテリーは準備した方がいいでしょう。

もちろん、長時間使い続けることができる機種が割り当てられることもあります。

また、複数人で1台を使う時は充電の消耗が早くなります。

 


イモトのWiFiのポイント

イモトのWiFiのメリットやデメリットをポイントで紹介します。

Good!ポイント1「サポートは24時間365日」

イモトのWiFi(エクスコムグローバル株式会社)のサポートは24時間365日、年中無休です。

WiFiルーターを初めて使う人は、「ちゃんと設定できるか心配」「ハワイで何かあったらどうしよう」と不安にかられるかもしれません。

そんな心配を打ち消してくれるのがサポートです。

 

サポートを依頼したい時は電話かメールで行います。

しかし、電話だと国際電話になるのでは?と心配になるかもしれませんね。

その点は大丈夫でした。

電話で問い合わせたところ、「WiFiルーターをお届けの時、一緒に国際電話でも使えるフリーダイヤルの番号をお伝えしますので、ホテルなどの固定電話を使ってご連絡下さい。」とのことでした。

 

「電話をするほど緊急ではないんだけど」「電話は緊張するから苦手だなぁ」という人にはメールも使えるので利用しましょう。

レンタルWiFiを使うのが初めてでもサポートがあるから安心できますね。

 

Good!ポイント2「オプションにセルカレンズ」

自撮り棒より持ち運びも使い勝手も楽なセルカレンズもレンタル可能です。

私はセルカレンズをネット通販で1,700円で購入しました。

レンタルなら1日わずか100円(+税)です。

長期滞在するなら買ってしまった方が安いですが、短期の旅行でこの先セルカレンズを使う機会があまりなさそうな人はレンタルを利用した方がお得です。

 

Good!ポイント3「海外旅行初心者に優しい情報ページ」

実際に公式ページを見ると分かりますが、WiFiについての内容だけではなく、海外旅行のお役立ちアプリ一覧や持ち物一覧など、海外旅行初心者に向けた情報ページが用意されています。

もちろん、イモトのWiFiをレンタルしなくても閲覧可能!

"初めて海外旅行に行く方へ""海外でスマホを使うには?""海外旅行の持ち物は?""海外で使えるアプリはどれだ!"といったコンテンツは、海外旅行で抱く不安解消にピッタリ!です。

 

Good!ポイント4「大容量1GBプラン」

ビジネスでネットを使用したかったり、通信量が多い方向けに1GBプランがあるのは強みだと思います。

店舗情報やグーグルMAPなら、3人や4人で使っても十分1日もつ量です。

でも、ゲームのダウンロードやプレイ、YouTube動画の閲覧のし過ぎにはご注意下さい。

 

Bad!ポイント1「レンタル費用の見積もりが2種類?」

下の画像をご覧ください。

f:id:ryousukex:20161227004617p:plain

 

f:id:ryousukex:20161227004636p:plain

 

 

同じプランの見積もりを出したのに、合計金額が異なっています。
ほぼ同時刻に同じサイト内で出した見積もりです。

見積もり金額が違う原因はキャンペーンでした。
どのキャンペーンページから見積もりを出すかによって、同じプランでもレンタル費用が違うのです。

見積もりを出す際は、キャンペーン一覧からチェックすることで防げます。

 

f:id:ryousukex:20161227005113p:plain

 

Bad!ポイント2「宅急便での返却が有料」

イモトのWiFiは、レンタルしていたWiFiルーターを帰着空港で返却できない場合、宅急便の送料が必要になります。

しかし、先にお話したとおり、返却できる空港が少ないのです。

また、帰国した時は長時間のフライトで一気に疲労が出ることがよくあります。
アロハデータのように、翌日の消印でポストに投函すれば無料で返却できる手段も用意してほしいですね。

 

Bad!ポイント3「連続使用可能時間が不明」

連続使用可能時間は届く機種によって短いものだと4時間、長い物だと20時間とかなり差があります。

この差は大きいですよね。

20時間だったらモバイルバッテリーは不要ですが、5時間だったらモバイルバッテリーは必須です。

「機種は選べない」ようなので、予備のバッテリーは準備しておいた方がいいですね。


ネット通信をしない時は、WiFiの電源を切っておくことでバッテリーを節約することができます。

 

Bad!ポイント4「受渡手数料」

イモトのWiFiは受渡手数料として500円(+税)が必要です。

1日のレンタル費用だけを見るとそこそこ安いですが、受渡手数料を加えると他のレンタル会社より高くなることがあります。

公式サイトで見積もりを出す時は、受渡手数料も見積もり内に加算されています。

 

イモトのWiFiまとめ

ハワイ旅行で使われるレンタルWiFiで、知名度がダンゼン高いイモトのWiFiの価格やポイントを紹介してきました。

実際繋がるかどうかは、地下やビルの中など一部の区域を除けばまず問題なく利用できるでしょう。この点は他社と比較してもそう変わりはありません。

イモトのWiFiは、価格は安い方ですが、受取手数料と宅急便で返却すると送料が必要になるのがネックです。

3Gプランなら費用は少し安く済みますが、ストレスを最小限に減らしてネット通信をしたいのであれば4G-LTEがにした方がいいですよ。

 

想い出に満ちたハワイ旅行になりますように。

 

 

アロハデータとグローバルWiFiを比較!あなたのハワイに合うのはどちら?

f:id:ryousukex:20161225235405j:plain

ハワイで使えるWiFiルーターをレンタルできる会社はいくつかあります。
選択肢が多くて便利なようですが、私は何社もあるおかげで決めるのに随分迷いました。

「比べるものがあり過ぎて、何がいいか分からない!」
「比較して1つに決めるまでがメンドクサイ」

もし、こんな気持ちならこのページが役に立てるでしょう。

 

結局、私は各社の価格やポイントを書きだして、ようやくアロハデータに決めることができました。

でも、あなたのハワイ旅行にもアロハデータがピッタリとは限りませんよね。

今回比較するグローバルWiFiも人気があり、ハワイ旅行でレンタルされている定番商品の1つです。

 

そこで、私が実際にアロハデータとグローバルWiFiを比較した時の価格やポイントを公開することにしました。

このページを確認すれば、レンタルWiFiを決めるまでの時間を短縮できると思います。

どちらがあなたのハワイ旅行のスタイルに合っているかを決める手助けになれば幸いです。

なお、このページで出てくる価格は2016年12月24日現在のものです。

 

まず先に、2社を比較してみて項目別にどちらが優勢かを紹介しますね。
この後の比較の詳細がすんなりと頭に入ると思います。たぶん。

各項目の説明と一方を選んだ理由はこの後説明していきます。

 

今回比較したレンタルWiFiはこちらです。

 

 

価格で2社を比較!

f:id:ryousukex:20161226002500j:plain

2社ともそれぞれ複数のプランがあります。
私の場合は、どちらが安いかを見極める際、同じ条件のもとで比較してみました。

比較対象のプランはこちら

レンタル価格は、1日にデータ通信できる量によって異なります。
人気の500MBで比較しました。

2社とも通信速度の速い4GLTEタイプです。

  • アロハデータ
    980円(アロハデータベーシック)
    1,130円(スーパーアロハ)
  • グローバルWiFi
    1,270円(大容量プラン)

アロハデータの価格が2種類あるのは、連続通信時間(バッテリーの量)が選べるからです。
連続通信時間については後で紹介します。

500MBプランで比較すると、アロハデータの方が安くレンタルできます。

 

価格比較でもう1つ見ておきたいのが、安心補償の1日分の費用です。
破損や紛失、盗難に遭った時に、弁償費用を免除してもらうものです。

  • アロハデータの安心補償は1日200円で弁償代金を100%免除。※1
  • グローバルWiFiは1日200円タイプで弁償代金を80%免除、1日300円タイプで弁償代金を100%免除できます。

※1「補償対象内」での免除できる金額です。補償対象については各社でご確認下さい。

仮にグローバルWiFiの安心補償を80%免除のタイプにしたとしても、アロハデータの方が安く済みます。

 

感想:価格はアロハデータがかなり優勢!

 

1日にデータ通信できる容量で2社を比較!

f:id:ryousukex:20161226002946j:plain

レンタルWiFiを選ぶ際に外せないのが「1日にデータ通信できる容量」です。
先ほどは500MB同士で比較しましたが、ここではどのような選択肢があるのか紹介します。

  • アロハデータ
    500MB(1日980円と1130円の2プランあり)
    700MB(1日880円)
  • グローバルWiFi
    250MB(1日970円)
    500MB(1日1,270円)
    1GB(1日1,470円)

 

まずは1日の通信量を決めるところから始めると、どの企業のレンタルWiFiを申し込みするかが決めやすくなります。

と言いながらも、今回この項目を2番目に紹介したのは、アロハデータの500MBとグローバルWiFiの250MBでは、1日当たりなんと10円しか差がないからなのです。

もし、250MBだけで選ぼうとするとアロハデータが選択肢から消えますが、1日10円の増額で2倍の使用量が得られるのです。

グローバルWiFiは超大容量の1GB(約1000MB)のプランがあるのが強みですね。

 

感想:使用容量の選択肢はグローバルWiFi優勢

 

2社のサポートを比較!

f:id:ryousukex:20161226003141j:plain

初めてWiFiルーターをレンタルする人は、サポート体制も気になるのではないでしょうか。
そこで、アロハデータとグローバルWiFiのサポート体制を比較してみました。

  • アロハデータ
    営業時間内での対応
  • グローバルWiFi
    24時間365日

2社の決定的な違いはサポート体制です。

サポートは、「WiFiルーターの設定が分からない」とか「通信が上手くできないけど原因が分からない」など、自分やマニュアルでは解決できない疑問点や不明点が出た時に利用します。

アロハデータはサポートについては殆どアピールしていません。営業時間内での対応だと思われます。
レンタルをした時のマニュアルにはメールアドレスが載っていましたが、時間のことは触れられていませんでした。

一方のグローバルWiFiは、常にサポートデスクが稼働している状態なので、何かあった時の連絡が取りやすいです。
※混み具合によって、返答までに時間を要することもあるかもしれません。

電話だけではなく、LINEやスカイプを利用した無料通話やチャットで問い合わせることも可能です。

ワイキキにオフィスもあるので、オアフ島滞在の場合は特に助かります。

 

感想:サポート体制はグローバルWiFiがかなり優勢

 

2社の連続通信時間を比較!

f:id:ryousukex:20161226003409j:plain

アロハデータをレンタルする場合と、グローバルWiFiをレンタルする場合の大きな違いの1つとして、連続通信時間が選べるかどうかも挙げられます。

1日の通信可能時間とは異なり、ルーター本体をフル充電した状態でバッテリーがどれくらいの時間もつかということです。

  • アロハデータ
    アロハデータベーシック・・10時間
    スーパーアロハ・・15時間
    アロハデータBIG・・8時間
  • グローバルWiFi
    機種が選べない為不明

グローバルWiFiでは5時間、15時間、20時間などの機種を扱っているようですが、どれが届くかは不明です。

最初から予備のバッテリーを持って行く予定の人は気にならないかもしれませんが、どうしようか悩んでいる人には重要なことだと思います。

 

感想:連続通信時間は選びやすさでアロハデータ優勢

 

2社の受取りと返却を比較

f:id:ryousukex:20161226003606j:plain

レンタル申し込み後のことも比較しておきましょう。レンタルWiFiの受取りや返却方法についてです。

受取り方法を比較

  • アロハデータ
    宅急便は無料で出発の2日前着が目安
    空港で直接受け取りができるのは3つの空港のみ
  • グローバルWiFi
    宅急便は無料で出発の前日着
    14空港+1港

宅急便で受け取る場合は、2社とも無料です。アロハデータは2日前着が目安なので少しゆとりがあります。

空港で直接受け取りたい場合は、グローバルWiFiの方が利用可能空港が多くなっています。

 

返却方法を比較

  • アロハデータ
    同梱のレターパックで郵送(無料)
  • グローバルWiFi
    宅急便の返却は元払い代金が必要
    空港返却は無料

アロハデータは帰国後の翌日までの消印になるようにポストに投函します。空港返却はないので、全員が平等に無料で返却できます。

グローバルWiFiは返却できる空港が多いのがメリットで、とても便利です。ただ、空港返却ができない人は、宅急便の送料を負担しないといけません。

 

感想:受取りと返却は引き分け

 

2社のオプションを比較!

f:id:ryousukex:20161226003900j:plain

最後にオプションでレンタルできるものを比較します。

  • アロハデータ
    カーチャージャー/無料
    バッテリー/1日100円(約5時間分)
  • グローバルWiFi
    カーチャージャー/1日100円(+税)
    バッテリー/1日200円(+税)
    360度カメラ/1日500円(+税)
    iPad/1日500円(+税)

アロハデータはオプションの種類自体は少ないですが、カーチャージャーを無料でレンタルできます。
さらに、オプションのレンタル代にも消費税がかかりません。

グローバルWiFiはオプションの種類が多いのが特徴的です。
ただし全て別途消費税が必要です。
ワイキキオフィスではベビーカーを1日5ドルでレンタル可能です。

よくレンタルされるものだけを見ると、価格面ではアロハデータがかなりお得です。

一方、グローバルWiFiの360度カメラはレンタル料金は高いですが、あれば想い出の写真も増やせそうですね。買ってまでは欲しくない人には便利かもしれません。

 

感想:オプションの価格はアロハデータ、種類はグローバルWiFiが優勢

 

何を重点にするかで決める

ここまでまとめてきた内容を前提に、アロハデータとグローバルWiFiのどちらを選べばいいかを分けて考えました。

アロハデータを選んだ方がいい人
  • レンタル費用を安く済ませたい
  • 予め連続通信時間を知りたい
  • 受取りや返却に時間の余裕が欲しい

 

グローバルWiFiを選んだ方がいい人
  • 365日24時間のサポートがいい
  • 空港での受取りと返却を希望
  • 通信容量は1GBを選びたい
  • 360度カメラやiPadもレンタルしたい

最後はあなたのお好みで決定して下さい。

 

アロハデータとグローバルWiFiのポイントまとめ

今までの私の感想をまとめます。

  • 価格:アロハデータがかなり優勢
  • 通信容量の選択肢の多さ:グローバルWiFiが優勢
  • サポート:グローバルWiFiがかなり優勢
  • 連続通信時間での選択:アロハデータが優勢
  • 受取りと返却方法:引き分け
  • オプション:価格はアロハデータ、種類はグローバルWiFi

以上です。

最終的には上記の中であなたが最重要に思うポイントで選ぶことになります。
私の場合は、価格重視だったのでアロハデータにしました。

1つ付け足すと、アロハデータの公式ページは1ページで必要最低限のことがまとめられていたので「見やすく解りやすかった」というのも選んだ理由の1つです。
感じ方は人それぞれなので比較対象には入れませんでした。

あなたのハワイ旅行のスタイルに合っているのはどちらでしたでしょうか?

最高に楽しいハワイ旅行になりますように。

今回比較したレンタルWiFiはこちらです。

 

➡アロハデータ公式ページ

 

➡グローバルWiFi公式ページ

 

 

ハワイ用レンタルWiFi「グローバルWiFi」の価格とポイントまとめ

ハワイ用のレンタルWiFiで常に人気上位に入っているグローバルWiFi

公式ホームページは情報量が多く、ポイントを把握できなかった方も多いのではないでしょうか?

 

実は私もその1人です。

 

そこで、私がハワイ旅行前に調べ、まとめあげたグローバルWiFiのポイントを公開します。

私の場合は、実際にポイントを紙に書きだしたことで、1社に決めることができました。

 今回は、調べた内容を振り返ってグローバルWiFiの価格やポイントを紹介しますので、レンタルWiFiを決める手助けができれば幸いです。

 

f:id:ryousukex:20161225113750p:plain

 海外WiFiレンタル【GLOBAL WiFi】

 

グローバルWiFiのプラン

グローバルWiFiがハワイ用に用意しているプランは3つあります。

  • 4G-LTE
    1日の通信可能データ量250MB
  • 4G-LTE-大容量
    1日の通信可能データ量500MB
  • 4G-LTE-超大容量
    1日の通信可能データ量1GB(約1000MB)

※1日の通信可能データ量をオーバーして通信を行った場合、ネット環境が著しく低下します。その場合は使い続けるのをやめて、翌日再開するようにして下さい。

人気なのは500MBのプランですが、メールの送受信や店舗情報の検索などを少しするだけだったら250MBでもいいと思います。


複数人で1台のWiFiルーターをレンタルする場合は容量が多いプランを選択した方が安心感が高まります。

 

プラン別の価格

それぞれのプランの1日の定額料金はこちらです。

  • 4G-LTE・・970円
  • 4G-LTE-大容量・・1,270円
  • 4G-LTE-超大容量・・1,470円

※2016年12月23日時点

上記の金額が基本価格になります。
安心補償やオプションをプラスするとその分がプラスになります。


値引きキャンペーンが無い場合は、受取手数料として税込540円が別途加算されること、レンタルしたWiFiルーター返却を宅急便で行う場合は、元払いの費用も必要になることに注意して下さい。

 

受取りと返却の方法

グローバルWiFiの受取り方法と返却方法を紹介します。


受取りはあまり問題になりませんが、返却は上記の通り宅急便を使うと元払い費用が発生するので注意が必要です。

もし、お使いの空港が利用可能な空港以外だった場合は、別のレンタル会社を利用した方がお得です。

受取り可能な空港

成田空港(3カ所)、羽田空港(3カ所)、中部国際空港セントレア関西国際空港(3カ所)、伊丹(大阪国際)空港、旭川空港新千歳空港新潟空港静岡空港小松空港福岡空港博多港国際ターミナル、宮崎空港那覇空港

 

返却可能な空港

成田空港(2カ所)、羽田空港(2カ所)、中部国際空港セントレア関西国際空港(3カ所)、伊丹(大阪国際)空港、旭川空港新千歳空港(2ヵ所)、新潟空港静岡空港小松空港福岡空港博多港国際ターミナル、宮崎空港鹿児島空港那覇空港
鹿児島空港は返却BOXのみ

 

グローバルWiFiでは、利用可能な空港が無かった場合、他のレンタル会社にする以外に、現地レンタルにすることも可能です。

現地レンタルは、ワイキキオフィスでルーターを受取ります。返却はワイキキオフィス又はホノルル国際空港となります。

 

この返却方法が盲点で、チェックをしていなかった為に別途費用を発生させてしまう人もいるのでご注意下さい。

 

安心補償のタイプ

グローバルWiFiは3タイプから安心補償を選べます。
安心補償は、万が一の破損・紛失・盗難時の弁償額を全て又は一部を免除できる制度です。

 

グローバルWiFiには、ミニとフルとMAXがあり、その内容は下記の通りとなります。

  • ミニ・・1日200円(+税)
    弁償額の80%を免除
  • フル・・1日300円(+税)
    弁償額を100%免除
  • MAX・・1日500円(+税)
    弁償額を100%免除+携行品損害最大10万円補償

海外旅行保険で補償できることもあります。
補償できるかどうかはご加入の保険会社でご確認下さい。

海外旅行保険でカバーできない場合は、ミニかフルには加入しておいた方がいいです。

 

オプションの種類

グローバルWiFiで用意されているオプションを紹介します。全て税抜表示です。別途消費税が加算されます。

  • 360度カメラ(1日500円)
  • カーチャージャー(車内用充電器、1日100円)
  • バイルバッテリー(1日200円)
  • iPad(1日500円)
  • ベビーカー(1日5ドル、ワイキキオフィスで申し込み)

 

実は、グローバルWiFiは貸出機種が事前に分かりません。しかし、機種によって連続通信時間は異なるのです。

つまり、中には連続で使用できる時間が短い機種もあるということです。必要な時に充電切れなんてことがないように、モバイルバッテリーは準備した方がいいでしょう。

もちろん、長時間使い続けることができる機種が割り当てられることもあります。

 

グローバルWiFiのポイント

グローバルWiFiのメリットやデメリットをポイントで紹介します。

Good!ポイント1「サポート体制が厚い」

グローバルWiFi(株式会社ビジョン)のサポート体制は厚いです。連絡できる手段が多く用意されているのです。

24時間365日体制で、LINE(チャット、無料電話)もスカイプ(メッセージ、無料電話)も使えます。
ホテルの固定電話を使えば、ネットが使えない時でも連絡が取れます。

最悪、ルーターの交換が必要になった場合は、ワイキキのオフィスで交換できた例もあります。

レンタルWiFiを使うのが初めてで、不安な人におすすめです。

 

Good!ポイント2「オプションが特徴的」

話題の360度カメラをいち早く導入したり、iPadのレンタルもあったりと他のレンタル会社と差別化されています。

「この先使う頻度が分からない360度カメラを買いたくない」という人はレンタルしてみてはいかがでしょうか。

 

Good!ポイント3「利用可能な空港が多い」

他のレンタル会社と比較しても、受取りや返却で利用できる空港が多いのが特徴です。
返却時の宅急便代は元払いの会社がほとんどですので、利用可能空港が多いのは出費を節約でき助かります。

 

Good!ポイント4「現地レンタルが可能」

オアフ島で過ごすなら現地レンタルを利用すれば、1日分の費用を削減できます。

受取り前のホノルル空港からワイキキオフィスまでは、ネットの利用ができないのが難点ですが、返却はホノルル国際空港でも可能です。手荷物検査"前"なので返却し忘れないように注意しましょう。

 

Good!ポイント5「公式サイトの情報が多い」

実際に公式ページを見ると分かりますが、WiFiについての内容だけではなく、海外旅行のお役立ちアプリ一覧や持ち物一覧など、海外旅行初心者への情報公開もしています。

特に初心者の人は、持ち物一覧が役に立つと思います。
レンタルをしなくても閲覧可能なので1度ご覧になられてはいかがでしょうか。

 

Good!ポイント6「1GBの取り扱いがある」

ビジネスでネットを使用したかったり、通信量が多い方向けに1GBプランがあるのは強みだと思います。

店舗情報やグーグルMAPなら、3人や4人で使っても十分1日もつ量です。

 

Bad!ポイント1「レンタル費用の見積もりがマチマチ」

下の画像をご覧ください。

f:id:ryousukex:20161225123115p:plain

f:id:ryousukex:20161225123131p:plain

 

同じプランの見積もりを出したのに、合計金額が異なっています。
もちろん、同じ日に同じサイトでチェックした結果です。

1度見積もりを出してから、時間を空けて再度見積もりし直したら、費用が違っていたのです。

この現象には何度か遭遇しています。
同じプランでなぜ費用が変わったのかは分かりませんが、これは困ります。

「特定サイトからのお申込みにより・・・」と赤字で書かれている見積もりが安いので、お気を付けください。

 

Bad!ポイント2「宅急便での返却が有料」

グローバルWiFiは利用可能空港が多いので、返却に宅急便を使う機会は少ないと思います。

ただ、帰国した時は長いフライトで疲労もかなり溜まっているはず。
翌日に宅急便で返却できた方が助かることもあります。

アロハデータの場合は、空港での返却が出来ませんが、返却送料(レターパックを使用)は無料です。
グローバルWiFiが少し不利に感じます。

 

Bad!ポイント3「連続使用可能時間がバラバラ」

連続使用可能時間が短いものだと5時間、長い物だと20時間。
この差は大きいですよね。

20時間だったらモバイルバッテリーは不要ですが、5時間だったらモバイルバッテリーは必須です。

電話で質問したところ、「機種は選べない」とのことだったで、予備のバッテリーは準備しておく必要があるでしょう。


グローバルWiFiまとめ

ハワイ用レンタルWiFiで実績が高いグローバルWiFiの価格やポイントを紹介してきました。

実際繋がるかどうかは、地下やビルの中など一部の区域を除けばまず問題なく利用できるでしょう。この点は他社と比較してもそう変わりはありません。

グローバルWiFiは、少し価格が高めですがサポートを受けやすいという特徴があります。

価格も重視したければ、通信の頻度を減らして250MBのプランにし、取り扱いに注意することで安心補償をミニにするのもいいと思いますよ。

 

海外WiFiレンタル【GLOBAL WiFi】

 

アロハデータの現地デスク(ワイキキ)に行ってきました

f:id:ryousukex:20161125094703j:plain

 

  • せっかくWiFiのレンタルをしたのに、ハワイでちゃんと作動しない
  • アロハデータの使い方が説明書を見てもわからない
  • アロハデータが故障?どうしたらいい?

 

WiFiは機械なので故障することも想定しておかなくてはいけません。各レンタル会社も細心の注意はしていると思いますが、中には整備不良のものや、配送時に故障する場合もあります。

 

そんな時に役立つのが現地デスク。使い方が分からない、故障かどうかさえ分からない、そんな時にひとまず駆け込めるのが現地デスクです。

 

私がハワイ旅行用でWiFiをレンタルしたアロハデータには、ワイキキに現地デスクがあります。WiFiルーターにトラブルは無かったですが、どんな所か見たかったので行ってみました。

 

<<アロハデータ現地デスクへ>>

アロハデータの現地デスクの場所は、公式サイトを見ると「カラカウア通り沿いワイキキギャラリアタワ―6階601号室」となっています。

ここはワイキキで1度は行くであろうTギャラリアbyDFSのことです。ワイキキに宿泊しているなら簡単に行けます。

 

TギャラリアbyDFSはこちらです。

 

カラカウア通りに面した入り口(Diorとラルフローレンの間)から建物内に入ります。

f:id:ryousukex:20161125095140j:plain

左手にエレベーターホールがあるのでここから上に上がります。

 

f:id:ryousukex:20161125103151j:plain

 

6階でエレベータを降りると、左手すぐにオフィスがあります。

f:id:ryousukex:20161125103212j:plain

 

中に入ってみましょう。

f:id:ryousukex:20161125103236j:plain

 他にもお客さんがいました。

 

店員さんは日本語を話せるので、気軽に質問できます。この時の人は日本人だったと思います。


迷った時は調べるより現地デスクへ

アロハデータには簡単な説明書が付いていますし、その説明書だけでハワイ滞在中に困ったことはありませんでした。でも、実際に使っていると「これで大丈夫かなぁ」と迷う時があるかもしれません。

 

そんな時に現地デスクにWiFiルーターを行けば直接質問できるので、国際電話を使う必要もありません。

 

何も質問することがないのも「アレ」なので、

 

私:ソフトバンクからスマホに頻繁に通信業者切り替えのメールが来るんですけど」

※アロハデータはオアフ島で「T-mobile」と「AT&T」というアメリカの通信業者を利用しています。(スーパーアロハデータをレンタルした場合)場所によって通信業者が切り替わるので、その度にソフトバンクから通知が来ていました。

 

担当者:「電話機能を利用しないなら、機内モードにするといいですよ。」

 

それっきりソフトバンクからの通知は来なくなりました。ついでに、このブログ用に質問をしてみました。

 

私:「ちなみにこちらのオフィスには予備機もあるんですか?」

 

担当者:「ありますよ、レンタルもできます。」

 

私:「レストランの予約もしてくれるんですか?」

 

担当者:「こちらで直接予約することはしていませんが、ネットを使った予約方法をお伝えしています。」

 

これ以外にも、「ワイキキでおすすめのレストランを知りたい」とか現地情報を聞きに行くのもアリみたいです。

 

アロハデータをレンタルしている人に限りますが、困ったことがあった時に、日本語で質問できる場所があるのは安心できるし、便利だなぁと感じましたよ。

 

アロハデータまとめ記事はこちら

ハワイで使うワイファイをレンタルするならアロハデータが格安! - ハワイで使うワイファイのレンタルはアロハデータが格安だった!

 

ハワイで使うワイファイをレンタルするならアロハデータが格安!

『ハワイで使うWiFi選びはめんどくさい』

私がおすすめなのはアロハデータ!その理由とは?

 

ハワイ旅行楽しみですね。

私はハワイが大好きで、1年に1回何とか都合をつけてハワイ旅行を楽しんでいます。あなたも是非、ハワイの青い空、幻想的な海の色、南国ならではの雰囲気を思う存分楽しんで来て下さいね!

 

ハワイ旅行で忘れてはならないものの1つに「ワイファイルーターのレンタル」が挙げられます。多くの観光客がワイファイを利用するので、需要が多く、各社で様々な特徴を持った商品が用意されています。

 

選択の自由があっていいようですが、どれをレンタルすればいいか悩んでしまうのが現状ではないでしょうか?ポイントは、「ちゃんと繋がる」「長時間使える」「安い」この3つが最低限です。

いろいろ時間をかけて調べた結果、アロハデータが最もこの条件を満たしているので、シェアしていきます。

 

f:id:ryousukex:20170427214237p:plain

追記:
スーパーアロハデータの連続通信時間が15時間から20時間にパワーアップしました!

 

ハワイでポケットワイファイルーターをレンタルするなら価格の面では、アロハデータが格安です!

ルーター1台で10台まで接続できるので、グループで旅行する時も各段に安くできます。1日料金は格安の880円~です!

 

しかも、今なら特典で、

  • USBカーチャージャー無料レンタル可能!
  • ハワイ情報誌「Lani Lani」がもらえる!
  • 1ケ月以上前に申し込めば10%OFF実施中!!

レンタカーを使う方なら、シガーソケットにカーチャージャーを差し込めば、ドライブ中にもWiFiルーターの充電が可能です。スマホナビを使いながら、のんびりドライブ。最高ですよね。

 

ただ、アロハデータは利用者が多いので、台数不足になる前に旅行日が決まったら早めに確保しておきましょう。 

 

f:id:ryousukex:20160606113753j:plain

 


ハワイで使うルーターの価格ですが、
見るべき料金は1日分の料金だけではありません。

  • 送料は別途いくら必要?
  • 補償料金は1日何円?
  • 予備バッテリーのレンタル料金は?

価格で最低限チェックしないといけないことはこれだけあります。

 

もっと言えば、通信速度や大きさ、重さもチェックしておきたいですね。
1個1個調べるのはとても大変です。

 

私がハワイ旅行をする時に調べたルーターで、
総合的に格安・便利と感じたのは「アロハデータ」でした。

 

アロハデータだと「送料無料」!

出発日の2日前を目安に発送してもらえて、
返却は、帰国後の翌日にポストに投函するだけです。
発送から返却までの送料は無料です。
もちろん、レンタル料金は日本出発日から日本帰国日までです。
家に届いた日ではないのでご安心を。

 

補償料金1日200円!

レンタル会社によっては、補償料金が250円~300円以上するものも多くありました。
旅行中は何が起こるか分かりません。
補償は任意加入ですが、私は毎回加入しています。

かなり安い補償料金ですが、フォローは幅広いので安心できます!

f:id:ryousukex:20160505001944p:plain

 

予備バッテリーは1日100円!

もしもに備えて予備バッテリーを持つ人も多いです。
最大5時間使える予備バッテリーは
1日100円という格安料金でレンタル可能です。

※上記価格は全て2017年4月時点の金額です。

 


そして、アロハデータ最大の強みを紹介します。

f:id:ryousukex:20160505002652p:plain
「アロハデータ」現地デスクがワイキキにある
という点でしょう。

 

ハワイ旅行中に何か問題が発生したり、使い方の疑問が出てきても現地で受け答えしてくれます。

さらに、店に行けば、雑誌だけでは入手できないローカル情報も教えてくれるんですよ。

これほど心強いサービスは他にはない
です。
初めてハワイに行く人でも安心できますよね!

 

f:id:ryousukex:20160606113753j:plain

 

 

アロハデータのワイファイセットは出発の前日まで申し込み可能!

前日申し込みの場合も自宅又は空港で受け取ることが可能です。
急に必要になった時でも焦らず連絡してみましょう。

予定が決まっている場合は、早めに申し込みしておいて下さい。
機種によっては、貸出台数が多くレンタルできない場合もありますし、1カ月以上前の早割で10%OFFも使いたいですしね。
※一部空港では平日しか受け取れません。

 

アロハデータおすすめのワイファイは?

f:id:ryousukex:20160505003737p:plain

 

私はアップグレード版の「スーパーアロハデータ(+150円)」がおすすめです。
私もレンタルするので(^^)


オアフ島でもハワイ島でも速度に不自由なく繋がりますし、
予備バッテリーも不要なくらいの接続時間です。

カーナビ代わりにスマホを使う場合でも1日使えますし、
無料のカーチャージャーを使えばルーターの充電も心配ありません。
それでも心配性の私は、予備バッテリーをレンタルしてしまいます・・・

 

自分が1日で使う通信料を大体把握しているのなら、ベーシックプランでも充分対応できます。店を探す、ハワイブログの口コミを見る程度なら余裕でしょう。

 

アロハデータの機種別特長はこちらです。

f:id:ryousukex:20160505004117p:plain

 


もし、ハワイ旅行でワイファイを借りずに行くと・・・

日本の携帯電話会社だと海外パケ放題というのがあります。
私も初めてのハワイでは、ワイファイのことなんて頭になく、
アメリカの定額対象事業者のAT&Tを使っていました。

1人最大で2,980円/1日です。使わなければ0円ですが、
ちょっとした調べものをしたり、MAPを見たり、
ハワイ情報を探したり、画像を送信したりで、
大体1,980円/1日かかりました。

2人で行ったので、1980円×2人×6日分=23,760円です。
めちゃくちゃ高いです。

海外パケ放題にしていなかったら、もうとんでもないことになります(^^;)

実際は私がスマホの使用を抑え、2万円を超さないようにしました。

 

知らないって怖いですね。

 

アロハデータをレンタルした場合は?

アロハデータでワイファイをレンタルして、
さらにアップグレード版のスーパーアロハデータを使ったとすると・・・
さらに、安心補償も予備バッテリーも付けたとすると、

(ベーシック代980円+アップグレード代150円+補償200円+バッテリー100円)×6日
=8,580円!

この金額が最大です。差額は15,000円!かなり格安になりました!
さらに私は1ケ月以上前に予約してしまうので、
980円×6日分=5,880円分から10%OFFできます。


8,580円-588円=7,992円が実際にかかる料金になります。
こんなに安くなりました。
本当に知らないって恐ろしいです。

 

オプションを付けない完全な格安プランにすると、
880円×6日分=5,280円
せめて安心補償料だけは付けておいた方がいいと思います。

 

費用は公式ページの中で計算できるようになっているのでご安心下さい。

 


ハワイでポケットワイファイを使うなら
アロハデータがおすすめの理由!

  • 1日の費用が他社と比較しても格安
  • オプション代金も格安
  • ハワイ最大のカバーエリア!
  • 現地デスクで旅行の相談も可能
  • 往復宅配送料無料!空港受け取りもできる!
  • 直前の申し込みにも対応!
  • 土日の発送も可能!

キャンペーン期間中はハワイ旅行をより便利にする特別特典がついているし、
さらに早割10%OFFでさらに格安レンタルもできます。
先程の計算の通り、10%OFFが後々効いてくるんです(^^)

希望の機種が無くなる前に早めにチェックしておきましょう!

 

f:id:ryousukex:20160606113753j:plain

※特典や早割の情報は2017年4月現在のものです。

 

 

ハワイWiFiのアロハデータを申し込み!楽天ID決済でポイント貰いました。

f:id:ryousukex:20161020123420j:plain

皆さん、こんにちは!
皆さんのハワイ旅行はいつでしょうか?

私はもうすぐなので、毎日ワクワクしています。
年に1回だけのハワイ旅行。思いっきり楽しんできますよ!


ところで、ハワイに持って行くWiFiはもう決めましたか?
もしアロハデータをレンタルするなら、楽天ポイントが使えるのをご存知でしょうか。
もちろん、ポイントも貯まりますよ。楽天会員の方は利用しましょう。

 

アロハデータを楽天ID決済で申し込む

【手順1 楽天ID決済スタート】
ハワイ用のWiFiをアロハデータに決めたら申し込みを始めます。

f:id:ryousukex:20161020123825p:plain

今回は楽天ID決済で申し込みをします。
右側の『楽天会員の方はこちら』を選択してください。

 

 

 【手順2 楽天ID決済スタート2】

f:id:ryousukex:20161020123928p:plain

楽天ID決済の画面になります。
通常で申し込みをするとこのロゴは出ません。

 

 

【手順3 申し込み内容入力】

f:id:ryousukex:20161020124248p:plain

氏名などの連絡先の記入やレンタルする機種を選び、
確認画面へ進みます。

 

 

【手順4 申し込み内容確認】

f:id:ryousukex:20161020124317p:plain

いきなり黒い画面になりましたが、
ここで申し込み内容や個人情報に誤りがないか確認します。

内容に間違いがなければ、
楽天お支払いボタンへ進む』をクリックします。

 

 

【手順5 楽天での支払い】

f:id:ryousukex:20161020124808p:plain

何回クリックさせるんだ!
と思っても我慢して下さいね。『お支払い』ボタンをクリックします。

 

 

【手順6 楽天にログイン】

f:id:ryousukex:20161020124909p:plain

ログイン画面になるのでログインして下さい。


ログインすると、配送情報やお買い物内容、お支払い内容を確認・変更する画面になります。
確認し終えたら、下段にある『この内容で注文する』をクリック。

 

 

【手順7 ポイントの確認】

f:id:ryousukex:20161020124952p:plain

獲得ポイントの欄に楽天ポイントが入っていますね。

 

 

【手順8 ポイントの利用】

f:id:ryousukex:20161020125010p:plain

現在利用できるポイントが表示されます。
私は今回ポイントは利用しませんでしたが、利用するなら『ポイントを利用する』にチェックを入れて下さい。

楽天キャッシュ、楽天スーパーポイントの好きな方を選べますよ。

利用ポイント数を変えれば、使いたい分だけポイントを使うことも可能です。

 

 

【手順9 申し込み完了!】

f:id:ryousukex:20161020125052p:plain

無事楽天ID決済でポイントも貰いながらアロハデータの申し込みができました。

 

 

【最後の確認】

f:id:ryousukex:20161020125112p:plain

最後に確認メールが届いたら、あとはアロハデータが届くのを待つだけです。


楽天ポイントはそれほど多くありませんが、塵も積もれば山となります。
ハワイ旅行は費用もかかるので、少しでも貰えるものは貰っておきましょう。

 

アロハデータについてまとめた記事もご覧ください。

alohawifi.hatenablog.com

 

 

アロハデータの安心補償の申し込みどうする?

f:id:ryousukex:20161004120136p:plain

 

初めてアロハデータを申し込みする時、安心補償も付けるかどうかで悩むかもしれません。

確かに、ハワイ旅行は国内旅行と比べると費用が高くなります。

少しでも節約してハワイで美味しい物を食べたい、ブランド物を買いたい、お土産をたくさん買いたいという思いにかられますよね。

 

でも、私の意見は

「申し込みするべき」

です。

 

安心補償でカバーされるのは

  • 盗難・紛失による本体の全損(未加入の場合40,000円)
  • 傷などの本体部分破損(未加入の場合15,000円)
  • 予備充電器の全損、破損(未加入の場合3,000円)
  • アダプター・USBコードの全損、破損(未加入の場合1,000円)

です。

安心補償に未加入の場合、もし上記のようなトラブルに遭遇してしまうと、ご覧のようにとんでもない金額が必要になります。

アロハデータの安心補償は1日200円プラスになりますが、この金額は決して高くありません。

 

f:id:ryousukex:20161004121601j:plain

ハワイ旅行は日本国内の旅行とは訳が違います。軽装で遊ぶ機会も多いですよね。
私なんてはしゃぎまくりです(笑)

そんな時こそトラブルも起きやすいのです。
幸い私のトラブルは、ハワイで軽い詐欺に遭ったぐらい。英語が分からないのでやられました。


盗難や紛失は比較的起きやすいトラブルの1つです。
ルーターを破損させてしまう可能性もありますよね。

 

安心補償に入ればどうなってもいいという訳ではありませんが、これには入っておくべき。
1日200円はWi-Fiルーターレンタル会社の中では安いです。1日250円~300円必要なレンタル会社もあります。

 

現在このページをご覧になられているという事は、どちらにしようか迷っているのだと思います。
全く迷わない方は即座に決断しています。

私のように、
「万が一の時にこの出費は痛い!せっかくのハワイ旅行だから心配事は減らしたい」
と思っている人は迷わず加入。ちなみに海外旅行保険も迷わず加入しています。

「そんな物は必要ない!俺に任せておけ!何かあってもそれは運命だ!」
と思っている人は迷う事もなく加入しません。

 

Wi-Fiに何か起きるのではないかという意識を持っている時点で、私と同じタイプです

そういった性格の方は、心配事を1つでも減らして、ハワイで思いっきり楽しむことをおすすめします。

もし、私が安心補償に加入せずにアロハデータを持って行ったなら、少し床に落としてしまっただけでも15,000円の弁償が頭に浮かんできてしまうでしょう。

 

今までそんなトラブルは無かったですけどね。お守りみたいなものとして考えています。

※USBカーチャージャーは補償されませんので、紛失しないように注意して下さい!

 

alohawifi.hatenablog.com

ハワイのWiFiはアロハデータがおすすめの理由「返答が早い!」

f:id:ryousukex:20160505111008j:plain

日本人に最も人気の海外リゾート「ハワイ」。
私もハワイが大好きで、毎年1回だけ贅沢に旅行させてもらってます。

 

日本人の海外旅行先として人気ナンバー1の為か
ハワイで使えるWiFiの宣伝が多くて、選ぶのに困りますよね。

 

私は各社の価格を比較して、アロハデータを選んでいます。
価格は送料や補償料金、予備バッテリーも含めて比較して決めました。
その上でアロハデータにお世話になっています。


もう1つハワイ用のWiFiでアロハデータがおすすめの理由があります。


それは、
メールの返答が早い!
こと。

 

HPを見ていて、少し疑問が湧いたのでメールを送信しました。

f:id:ryousukex:20160505152428p:plain


この日は祝日なので、すぐに返答は来ないだろうと思っていたら、
4時間後にメールで返事が来ました
緊急性がなく、重要性のないメールでも、きちんと返答を貰えました。
信頼できそうですよね。

大した内容じゃない場合、通販会社によって返答は数日後か、
もしくは返答が来ないなんてこともよくあるのですが、
アロハデータを扱うグローバルモバイルさんはその点しっかりしていそうです。

さらには、ハワイにもデスクがあるので、困ったら駆け込めます。


価格はもちろん大事ですが、

人と人のコミュニケーションが取れることも大事ではないでしょうか。

 

⇒ハワイで格安便利!アロハなWiFiは「アロハデータ」

 

ハワイ旅行のWiFi関西国際空港で受け取りできるアロハデータ

f:id:ryousukex:20160505112141j:plain

私もハワイに持って行くアロハデータのレンタルワイファイ。
2日前に自宅に無料で配送してくれるので、私は自宅で受け取りますが、
自宅で受け取れない場合は関西国際空港(関空)で出発当日に受け取ることもできます。

 

場所は 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

f:id:ryousukex:20160505135902p:plain

営業時間 9:00~17:00(平日)
平日のみの営業のようですので、注意しましょう!!
土日・祝日の出発の場合は、自宅に届けてもらうか、
直接日本の営業所に電話して現地受け取りにしてもらうこともできます。

 

空港でワイファイを受け取れる時間
2日前までに申し込んでいる場合:9:00~17:00(平日)
前日14:00までの場合:12:00~17:00(平日)

関西国際空港で受け取る場合、前日の14:00までに申し込みしないといけません。

念の為、受け取り時間を確認しておきたい場合は、
グローバルモバイルさんにメールや電話すれば教えてくれます。


私は別件でメールで問い合わせをしたことがありますが、
当日中に返事をいただけました。
ただ繁忙期は忙しいと思うので、日にちに余裕を持って問い合わせして下さい。

 

⇒関空で受け取り可能!グローバルモバイル「アロハデータ」はこちらから

※アロハデータの申込みページの最下部に「会社概要」のリンクがあるので、そこからメールが送れます。